豊洲歯科,歯医者,江東区/豊洲IHIビル ヒロデンタルクリニック

03-5547-1181
歯周病治療
モバイルサイト 携帯サイト

QRコードを読み込んで
表示されたURLに
アクセスしてください。

予防歯科

歯肉炎と歯周炎の違い歯肉炎
炎症がまだ歯ぐきだけにとどまっている歯周病の初期段階のこと。

治療
→細菌を減らして炎症を止めれば、歯ぐきの腫れはひき、元の健康な状態へ戻すことができます。

歯周炎
歯槽骨が炎症によって破壊されて失われてしまう歯肉炎が進行したもの。

治療
歯周炎になってしまったお口は、炎症によって歯槽骨や、歯根膜(歯と歯槽骨をつなぐ繊維)、そして歯と歯ぐきの付着が壊れてしまい、決して元には戻りません。

歯肉炎と歯周炎の違い最近では、歯槽骨を増やすための再生療法や、歯周ポケットを浅くするための外科処置など、高度な治療も行われており、これまで救えなかった歯も救われるケースは増えています。
それでも、いったん歯周炎になったお口を元通りにすることは残念ながら不可能です。

歯肉炎のうちに治療しよう
ゆっくり進行する歯周病は、痛みがないので緊急性がないと思われがちですが、
「歯がゆるんでぐっと噛めない」「歯並びが乱れてきた」とお困りになって受診なさったときには、すでに歯周炎になっていること多いです。
そして、ほとんどのケースで外科治療が必要となり、数回の手術を行うことになります。

対処法は簡単です。そうなる前、歯肉炎の状態で歯科医に診てもらい、歯みがきとスケーリングだけで治すことが出来ます。「歯みがきで血が出る方」「歯ぐきにかゆみを感じる方」などの、お口の異変に気付いたら早めに歯科医に診てもらいましょう。

P1 P2 P3

P1:経度歯周病:やや歯茎が腫れ、歯槽骨の減少が始まります。少し歯の動揺します。

P2:中等度歯周病:大幅に歯槽骨が減少します。歯の動揺も大きくなります。

P3:高度歯周病:抜歯をする必要が出てきます。

定期的なクリーニング

クリーニングクリーニング清潔できれいな歯を保つために、毎日のブラッシングが必要なのはもちろんですが、歯に付着したステインや茶しぶ、タバコのヤニなどの色素や歯石は、普段のブラッシングだけではなかなか取れません。


そこで、クリーニングやスケーリングを定期的に行い、色素や歯石を取り除きます。これにより歯や歯ぐきがきれいになり、口臭や虫歯、歯周病などを予防して口の中の健康状態維持にも繋がります。